多くの機能を兼ね備えた採用管理システム

多くの機能を兼ね備えた採用管理システム

採用管理システムとは、その名の通り採用時に就活をしてきてくれる人たちの募集から、募集で集まってくれた人たちの情報の整理と管理、合否の発表、採用時のスケジュール発表など様々な点を管理するシステムです。これは人事の方々だけで良いのではと思われるかもしれませんが、さまざまな求人方法があり、仕事の組織があるので、全てが人事の担当ではなく、お店ごとの人事を店長に一任している場合や、人員が欲しい部署が人事に依頼、その後の動きをお互いが採用管理システムを利用して、連絡、確認をしあうことができます。またシステムによっては求人ページをより簡単に作成できるようなシステムとなっています。他にはSNSからの応募にも対応しているもの、書類のやりとりが少なくなり仕事量を減らすことができたなど、システムの特色もあります。

採用管理システムは自分達が困っている点を重視

昨今のシステムによくある形ですが、採用管理システムの導入の時に、クラウドシステムを利用しながら導入する方法と、購入したソフトウェアをインストールするオンプレミス型という方法があります。簡単に説明すればブラウザ上で仕事をするか、アプリケーションを立ち上げて仕事をするのかという違いという印象ですが、導入費が安く済むクラウド型が多くリリースされています。採用管理システムで何を重視するのかは会社によって違います。すでに人事で採用されている形があり、その上で採用管理システムを導入するのであれば、何に困っているのかを検討することは当然です。ネット時代になり各求人サイトで応募をしたので応募者管理が大変なのであれば、その管理に長けたものを選ぶことが大切になり、SNSでの応募の処理に困っているのであれば、そちらに特化したものを選ぶことが大切です。

人が増えれば必要性が増す採用管理システム

多種多様な人間を見極めるという、困難な仕事をしている人事ですが、応募者が多方面から来る場合、そのスケジュール管理を丁寧に行う必要があります。しかし自社のサイトからのみの応募や、縁故など知り合いからの応募のみであれば、必要な管理は、応募者からの個人情報の管理と、試験、面接などのスケジュールを伝えたのかを会社で共有することが大切になります。2,3名で仕事をしている会社であれば、口頭や会社にあるボードなどに書いておけばわかることであり、書類は明確な場所を共有し片付けておけば、情報共有も情報管理もできます。そして応募者が1人であれば、わざわざコンピュータ管理をしなくても応募から採用合否のお知らせ、その後のスケジュールもアナログな方法で事が足ります。採用管理システムがなぜ必要なのか。それはこれらの作業に対して、会社の人員、応募者の数、どちらも増えれば増えるだけ、作業が増すという現実があるからです。