初心者にもわかりやすいECHONETのLiteの試験

ECHONETのLiteの試験とは、第三者認証の体制を構築することでECHONETのLite規格で相互接続性を向上し推進していく認証制度の試験のことです。エコーネットコンソーシアムが定めている規格は3種類から構成されています。規格は、機器の間で情報を伝達する通信手順などを規定しています。各機器の動作の機能を制御してコマンドを詳細にして規定しています。ECHONETのLiteでは製品開発者がECHONETのLiteの規格やECHONET機器のオブジェクトの詳細規定が適合になっているか試験をしています。その試験結果からエコーネットコンソーシアムが認定された認定認証機関に申請しています。申請された試験結果から適合か不適合かの判定をして、適合の場合は認証を付与しています。

ECHONETのLiteの試験についての情報

エコーネットとは、スマートハウスを実現するため通信の約束事です。現在、家庭の中でWi-Fiなど無線のネットワークが簡単に利用できる中、スマートフォンやリモコンなどから家にあるエアコンや照明などの家電製品を制御したいや電気代が把握したいなどの要望が増えてきています。このような省エネを快適で安全、安心な生活を実現するためにどのメーカーも共通の理解できる約束を必要としています。その役割を活かせるのがエコーネットです。エコーネットが定めたECHONETのLiteの規格で試験をしてスマートハウスの標準化を検討する回で推奨されています。ECHONETのLiteでは規定されている範囲で通信仕様に依存をしていません。そのためサービスやアプリケーションなど、様々な要件に沿って、市場からリーズナブルに伝達メディアを選択しています。

ECHONETのLiteの試験についての特徴と概要

ECHONETのLiteの認証とは、家庭内での製品をホームネットワークから相互接続するために規格への適合性が問題ないか認証するための制度です。AIF認証を得るために、認定された第三者試験機関で適合性試験があります。また、SMA機器はECHONETのLite認証を取得するのにも同様の適合性試験が必要となっています。JETは認定試験機関として対象機器のすべてに適合性の試験をしています。エコーネット規格は様々なメーカーの家電を接続して、お家の中のWi-Fiなどから容易な伝送媒体を利用してスマートハウス化からのサービス提供をするための通信規格です。メーカー関係なくどの家電でも共通コマンドを入れれば制御できる通信の約束を定めています。その認証を取得するために試験を行い、認証できるかを判断しています。